CoffeeAndBooks's 読書日記

日々の読書を記録しています

Real Clothes

 「プラダを着た悪魔」に似ているという意見も聞かれるように、おしゃれではないけれど仕事のできる主人公が、おしゃれで超優秀な上司の下で開花する物語。大きな違いは職場がファッション誌の編集部からデパートになったことと、女王様上司の補佐役がゲイかそうでないかということか。

 ただ、Real Clothesは前半こそ「プラダを着た悪魔」に近いものの、主人公がファッションを仕事にすることに目覚めた以降が描かれるところが新しい。認められた瞬間に職場を放棄するアンディとは異なり、本作の主人公は職場の変化も経験しつつ残りキャリアを積み重ねていくので、主人公の成長も楽しめる。そして、対立したキャラクターがどんどん味方になっていく過程も面白く、職場の様々な立場や悩みがあるよね、と共感しつつ読み進められる。あまり、現実世界で適用できるような解決策が示されるわけではないけれど、職場のメンバーと接する際に、色々なものの見方があり、彼・彼女の視点で問題意識を持ちつつ言えなかったりするのかな、と想像力が少しだけ向上するような気がした。

 

  

  

リアル・クローズ DVD-BOX

リアル・クローズ DVD-BOX

 

 

広告を非表示にする