読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CoffeeAndBooks's 読書日記

日々の読書を記録しています

シン・ゴジラ

www.shin-godzilla.jp

 ゴジラシリーズには詳しくなく、映画館で観るゴジラは今回が初めて。しかし、最高に面白かった。

 まず、ゴジラの最初の形態、とにかく気持ち悪い。よくこの造形、と思ってしまう。原始的な生物が進化していくさまを見せられると、どんどん緊張してくる。そして、出てくるすべての人に筋が通っているところが素敵だった。主人公の若手政治家や命を懸けて戦いに挑む自衛隊がかっこいいのは、この手の映画で当然だけど、どうしようもなさそうなおっさんも、最後の最後はかっこいいところを見せてくれる、というところが素晴らしい。

 それから、この『シン・ゴジラ』がすごいのは、ゴジラ以外の存在は現実感があること。政治家の動きもそうだし、国際的な駆け引きもそうだけど、非常に「ありそうな」光景が続く。日本は簡単に武力を使えないし、米軍がいるといっても自らを助けない国を助けることは期待できない。そして、外交上の利害関係をうまく利用しないと自分たちの国を本当に守ることはできない。そういったことが丁寧に描かれているから、熱い思いでとにかく動き続けて事態を収拾しようとする人たちに感動するのではないだろうか。

 それにしてもゴジラの正体・誕生について、いろいろと想像させられ気になっているけど、続編は出るのだろうか。

 

 

 

 

広告を非表示にする