CoffeeAndBooks's 読書日記

日々の読書を記録しています

楽しく学べる「知財」入門

 大手メーカーにて特許に関わり続けてきた弁理士による、意外な特許に関する話や特許に関するトラブル・係争などの紹介。長年、稲森謙太郎の筆名で科学技術ジャーナリストをされてきたということで、文章は読みやすく、面白いけれど取っ付きにくい知財について勉強になった。

 時には関係者への書面質問なども交えて調査がされていて、信頼感があるのに加え、やはりあの芸能事務所は対応が厳しそう、とか、最もはじけたファーストレディとタイム誌が評したという鳩山幸氏の対応は意外に素敵、といった面白さがあった。

 そして、やっぱり面白かったのはパロディ商標。ものによって認められたり、認められなかったり。そして、一度は権利が認められた商標に対して、取消決定→取消決定の取消訴訟・取消決定の取消判決→取消決定→取消決定の取消訴訟・取消決定の取消判決→維持決定→他社からの請求による無効審判という紆余曲折(本書では時系列の図示がされているので流れが分かりやすい)。類似性と依拠性というのは、言葉では分かるけれど主観の余地があるように感じられるものなので、議論が割れるのだろうし、時代とともに変わる部分もあるのだろう。

楽しく学べる「知財」入門 (講談社現代新書)

楽しく学べる「知財」入門 (講談社現代新書)

 

  

知られざる特殊特許の世界

知られざる特殊特許の世界

 

  

女子大生マイの特許ファイル

女子大生マイの特許ファイル

 

 

広告を非表示にする